子宮頸部高度異形成はがん保険で保障されるのか

Pocket

保険クリニック玉名店の福島です。

女性に多くなっている子宮頚ガン。

世界では2分に1人、日本では10分に1人が
子宮頚ガンで亡くなっていると言われています。

そのような中で、ガンになる手前の
異形成というのはご存知でしょうか?

異形成が病変するとガンになります。
なのでガンになる可能性のある細胞を異形成と言います。
(※正式には医師などの専門家にお問い合わせください。)

異形成にも軽度・中等度・高度と段階があります。
この高度異形成はガン保険で出るのかという質問をよく受けます。

答えとしては保険金は出ません。
ただ、【一般的なガン保険はでない】です。a0001_017585

実は出るところもあるのです。

ガン保険選びのポイントはいくつもあります。
・一時金がどれだけでるのか
・一時金の二回目以降の支払い基準はどうなのか
・通院は保障されているのか
・上皮内がんは保障されるか
などなどありますが、特に若年の女性の方は

高度異形成でもガン保険で保障されるのか

という点もガン保険選びのポイントにしてもいいのかもしれませんね。

どこの保険会社だったらでるの?
そんな時は私どもにご相談ください。

ちなみに、異形成と指摘されたらガン保険に加入するのは
非常に難しくなります。
若いからガンは関係ないと思わず、なる前に検討することをおすすめします。

お問い合わせはこちら

Pocket

0120-818-929
お問い合わせ 株式会社クリエイティブ 熊本県玉名市中1675-1 0120-818-929
2013-11-26 | Posted in がん保険Comments Closed 

関連記事

PR