地震保険の請求について

Pocket

まだまだ余震が続き、眠れない夜を過ごしている、福島です。このような仕事をしていながら、地震がくるとは思いもしておりませんでした。私は通常業務を行わず、救援活動をメインにしております。そんな中、地震保険についていくつか質問を受けたので、まとめてみました。

 

【地震保険が付いているかをまず確認してください】

地震保険は原則、単独では契約できません。火災保険にセットする必要があります。確認が出来る方は、付いているか火災保険の証券をご確認ください。見てもわからない場合は、火災保険の手続きをした担当代理店・保険会社に確認しましょう。もしくは、地震保険料は年末調整で保険料控除を受けることができるので、控除を毎年受けているか思い出してみてください。提出している方は地震保険が付いている可能性が高いです。

 

【地震保険は保険金はどのくらい支払われるのか】

火災や落雷などと違い、地震保険は実費補償ではありません。3段階に分けられています。

地震保険支払いの目安  建物の場合 家財は基準が異なります

対象  損害        認定の基準   支払われる保険金
 建物  全損

半損

一部損

 建物の時価の50%以上の損害

建物の時価の20%以上50%未満損害

建物の時価の3%以上20%未満の損害

 保険金額の100%

保険金額の50%

保険金額の5%

 

より詳しい説明は財務省ホームページにてご確認ください。地震保険の概要はこちら

 

地震保険金額は火災保険金額の30%~50%で設定します。

例えば、火災保険2000万であれば地震保険金額は1000万で設定なので、支払い保険金は1000万の100%・50%・5%で支払われます。

 

なぜ、火災保険金額の50%までしか補償されないのか、それは政府の考え方にあります。

地震保険は、地震等による被災者の生活の安定に寄与することを目的としており、もう一度家を建て直すための補償ではないからです。100%はでませんが、生活を立て直すためには十分役に立つ金額だと思います。

 

【地震保険金の支払いはどのように決まるのか】

支払いが保険金額の5%とか50%とかわかりにくいかと思います。地震保険は被害状況によってポイント加算方式で決まります。建物はヒビの数やヒビの長さ、家の傾き具合などを見て、このヒビの数と長さは○ポイントと計算するそうです。そのポイントを加算して、○ポイント~○ポイントは半損で50%の支払いという具合で、どの損害に該当するかが決まります。家財の場合も同様に被害を受けた家財道具を数えていきます。食器が割れた、タンスが倒れた、レンジが落ちたなどです。注意点は大きな被害がなくても、色々なものが少しずつ被害があれば、意外に支払いの対象になるということです。もちろん家自体も小さい被害が数がおおくなれば支払いの対象になることもあります。少しでも被害があった場合は、保険会社や代理店にご連絡をおすすめします。

 

【保険金を請求する場合のポイント】

SNSでもよく書かれていますが、可能であれば片付ける前に写真・ビデオを撮ることです。被害があったことを立証できます。もうひとつ、可能であれば鑑定人が来るまで被害にあった家財道具を捨てずにとっておいてください。鑑定人に説明しにくい場合は、私たちのような担当の代理店に立ち会ってもらうのもポイントです。人によっては、被害状況をあまり詳しく言えない…という方もいらっしゃいます。そばにいるだけで心強いかもしれません。

 

 

 

Pocket

0120-818-929
お問い合わせ 株式会社クリエイティブ 熊本県玉名市中1675-1 0120-818-929
2016-04-20 | Posted in 損害保険Comments Closed 

関連記事

PR